<< ばばばばとん | main | 絵絵絵 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

世界が堕ちるその前に 6

ついに6話まできたか…


露店街
多くの露店が集まっている場所
人々の交流の場所


「あの辺が露店街みたいね。」
「すっご…。」
シートを広げた人、人、人。
さらにそれを取り囲む人…。
あっちでもこっちでも、露店している人と客が交渉したり雑談したり。
少年とアールとクロスは露店と露店の間を散策していた。

「旅人さんは、なにかほしいものあるの?」
「んー…今のところ特にはないですね。」
少年が答えると、クロスは無言で少年の服を見た。
灰色のコート…正確に言うと、コートではない。
袖がなく、腕はコートの内側に隠れている。
かばんはコートの内側に隠れている。
コートと同じ、灰色の肩掛けかばん。
「…新しくしない?コート。この辺じゃそんな変な格好してる人はいないよ。」
「あー、これですね…確かにいろいろ不便なんですよね、腕が出てないし…。」
「露店で何か安く買おうよ。」
「ですね。」
灰色なので汚れはそんなに目立たないが、よく見るとひどく汚れている。
少年とクロスは衣類を売っている露店を探し始めた。

「こんなの、いいんじゃない?」
クロスは小さな子供が広げている露店で一着のコートを見つけた。
色は深紅、丈は長め。おまけにフードもついている。
「結構きれいですね、状態が。」
「うちじゃ着れないねん。」
小さな子供が口を開いた。
「うち、小さいやろ?」
「…発育が、よろしくないというか。」
「旅人さん、この方はおそらく鏡童ですよ。大人でもこのサイズなんです。」
「へぇぇ。」
少年はじーっとその鏡童を見る。
「あ、あんまり見んといて。…で、それ買うん?」
「そうですね…たぶん、サイズも合いますし。」
「安くするで。どどんと20000飛銭。」
「買います。」
少年は即答し、かばんの中から袋を取り出す。
さらにその中から20000飛銭取り出し、鏡童に渡す。
「まいどー。それ、そのままでええか?」
少年は深紅のコートを手に持ったままうなずいた。
「すぐに着ますから。」
そういうと、少年は着ていた灰色のコートを脱いだ。
「…え。」
クロスが驚いたように声を漏らす。
半袖のTシャツ、半ズボン。腕に巻かれた包帯。肩にかかったかばん。
「女の子…?」
何より、今までフードに隠れていた髪、顔。
「いちおう、生物学的には、女です。」
「…男の子かと思ってた。」
「あはは、よく言われます。」
かばんをひとまず下ろし、少年は深紅のコートに腕を通す。
袖が少し長いが、それ以外は申し分なかった。
少年は満足したように笑うと、フードをかぶった。
またしても、顔と髪が隠れる。
「ありがとうございました。」
ぺこり、と鏡童にお辞儀をする。
そして、今まで着ていた灰色のコートを無理やりかばんに押し込んだ。

「あ、もうひとついいですか?」
「なんや?」
「ここからヴァルナの谷までは、どう行けばいいか知ってますか?転送仙人以外で。」
少年が尋ねると、鏡童は目を細めて遠くを見た。
「ここからやと、徒歩だと一ヶ月はかかるなぁ。」
「うわぁ…。」
少年とクロスが顔をしかめる。
「んー、でも、南門あるやろ?あのあたりにな、谷に運んでくれるやつがおるんや。」
「へぇ…便利ですね。」
「ごっつ高いけどな。」
「…とりあえず、行って見ます。ありがとうございました。」
少年が頭を下げると、クロスとアールもぺこりとお辞儀をする。
そして二人と一匹は南門に向かって歩き始めた。

「僕が入ってきたのが北門ですから…反対方向になるわけですね。」
「うん。どんなのかは分からないけど、いってみよう。」
アールは少年を見上げた。
今までは灰色でくすんでいた少年が、鮮やかな紅に身を包む。
鮮やかすぎる、深紅のコートだった。

***************
予定のとこまで、また進まなかった…
灰色コートと深紅コートのほうは、流派HP掲示板のほうに絵を上げる予定です。
上手じゃないけどネ

次回はもっと進むといいなぁ


| 小説 | 22:27 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:27 | - | - |

Edit this Entry

Comment

おぉー!
灰色のコートと深紅のコートを影さんのを参考に描こうと思います。
次回も楽しみにしてます^^

| 紅之流星 | 2008/04/18 5:00 PM |

地道に進行してるなぁ
こっちは、布袋達をどうしたものかと悩みつつ
さっぱり進んでません
ちょいと奴らを濃くし過ぎたかもしれない
と、今更ながら言ってみる
なんだか勝手に暴れそうになるんだよなぁ、奴ら

| 海 | 2008/04/18 8:41 PM |

地味に亀の歩みのように進行してますヨ
赤コートのほうは英語の授業中にこっそり描いたというね…(笑

布袋は・・まあ、まかせるヨ

| 影 | 2008/04/19 9:09 AM |

あ、影さんー
影さんの絵ここで出してくれませんかー?;;

| 紅之流星 | 2008/05/01 7:03 PM |

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback